夢の燈影

文芸(単行本)
ユメノホカゲ
夢の燈影
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新選組――その人斬りに、志はあったのか。男たちに残された最後の夢は、この女性作家に描かれるのを待っていたのかもしれない。日本の夜明け前――幕末維新を駆け抜け、散っていった「新選組」。幹部の華々しい活躍の陰で、語られることのなかった、無名隊士の人生もまた、あった。夢、希望、そして家族と生活。新しい世代の書き手による、新しい新選組の物語がここに始まる。


新選組――その人斬りに、志はあったのか。
男たちに残された最後の夢は、この女性作家に描かれるのを待っていたのかもしれない。

井上源三郎……「おれはここにいていいのか」と自問する齢の離れた幹部。
蟻通勘吾……入隊を勧めた従兄は失踪し、「死番」が続く日々。
近藤周平……美しい顔をもつ局長の養子。
酒井兵庫……粛正された隊士の死を見守る寄越人。
山崎丞……敵も味方も監視し続ける監察方。
中島登……明治になっても、獄で隊士の絵を描き続ける男。

日本の夜明け前――幕末維新を駆け抜け、散っていった「新選組」。幹部たちの華々しい活躍の陰で、語られることのなかった無名隊士たちの人生もまた、あった。夢、希望、そして、家族と生活。新しい世代の書き手による、新しい新選組の物語がここに始まる。

目次

  • 信心
  • 夢告げ
  • 流れ木
  • 寄越人
  • 家路
  • 姿絵

製品情報

製品名 夢の燈影
著者名 著:小松 エメル
発売日 2014年09月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219091-6
判型 四六変型
ページ数 258ページ
初出 「信心」(「小言頼み」改題)小説現代2014年6月号、「夢告げ」小説現代2013年5月号、「流れ木」小説現代2013年9月号、「寄越人」小説現代2013年12月号、「家路」小説現代2014年2月号、「姿絵」小説現代2014年4月号。

著者紹介

著:小松 エメル(コマツ エメル)

小松エメル(こまつ・えめる)
 1984年東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。母方にトルコ人の祖父を持ち、名は、トルコ語で「強い、優しい、美しい」などの意。
 2008年、あさのあつこ、後藤竜二両氏が選考委員を務めるジャイブ小説大賞で、初の大賞を受賞しデビュー。
 著書に、デビュー作の明治人情妖怪譚『一鬼夜行』シリーズ、『夢追い月』をはじめとする「蘭学塾幻幽堂青春記」シリーズ、『うわん 七つまでは神のうち』などがある。
 文庫書き下ろしを中心に人気を集めてきた著者にとって、本書が初の単行本となる。