絵手紙で新しく生きる 描いて、送る。

カイテオクルエテガミデアタラシクイキル
  • 電子あり
絵手紙で新しく生きる 描いて、送る。
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

NHK Eテレ『団塊スタイル』で特集された吉水流絵手紙の入門書

田舎の男子高校生がボランティアで書いた一枚の葉書が、老母のもとに届いたのは、著者49歳の時。母に乞われ、その返事を描くため初めて絵筆を取ってから、専業主婦の人生が一変した。ニューヨークで個展を開くため、初めて海外へ。そして世界一周クルーズ船での講師にも。
「表現すること」「人とつながること」そして「向上すること」。「生きがい」としての絵手紙の魅力と、今日から始められる初心者向けのアドバイスを一冊に。

目次

  • 序章 絵手紙には、人を変える力がある
  • 第一章 絵が下手なことがコンプレックスだった
  •  のり巻きの端っこ
  •  父の焼く炭
  •  小さな家出
  •  紙切れにいたずら描き
  •  「明日から頑張んだぞ」
  •  交際半年で結婚
  •  自分一人でやるのが好き
  •  伊勢丹の社員食堂でお昼を
  •  和光の販売員
  • 第二章 四九歳で、絵手紙と運命的に出会う
  •  「こんな葉書が届いたんだよ」
  •  絵手紙の修業
  •  「マダム」と呼ばれる
  •  「母への絵手紙展」
  •  一二の教室
  •  お年寄りたちに絵手紙を
  • 第三章 新しく動き始めた人生
  •  初めての海外
  •  ニューヨークでの個展
  •  パン屋さんのパンフレット
  •  地球一周の船旅
  •  出たとこ勝負
  •  二度目の世界一周航海
  • 第四章 亡き母へ送る絵手紙
  •  母の生前に出した最後の絵手紙
  •  桜の絵を描くこと
  • 第五章 あなたも始めてみましょう
  •  紙、筆、墨と顔彩
  •  絵を描く題材
  •  そのまま描き写して
  •  日記帳に三行書くとしたら
  •  一回きりの味わい
  •  隠れている言葉をさがす
  •  人からの刺激が必要
  •  生活感は絵手紙の敵
  •  「一本でも振り向かせてみせる」
  • 第六章 絵手紙で変わった人たち
  •  駆け足で教室に通ってくる
  •  男だけが表現できる哀感
  •  人の輪に入るということ
  •  年季の入った人生には敵わない
  •  心の整理
  •  最高齢は一〇二歳
  •  「気持ちを伝える」ことの効用
  • あとがき

製品情報

製品名 絵手紙で新しく生きる 描いて、送る。
著者名 著:吉水 咲子
発売日 2014年05月31日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218900-2
判型 四六
ページ数 156ページ

著者紹介

著:吉水 咲子(ヨシミズ サキコ)

よしみず・さきこ―1949年、栃木県生まれ。「絵手紙夢工房」代表。
都内を中心に、主宰教室、カルチャーセンター、デイケアホームなどで、小学生から百歳を超えるお年寄りまで、数多くの生徒に絵手紙を教える。
49歳の時、今は亡き老母に届いた男子高校生からの葉書に、代筆で返信を描いたのをきっかけに絵手紙に開眼。ニューヨークでの個展を開催、世界一周クルーズ船上での講師を務めるなど、人生が一変した。そのドラマチックなストーリーと味わいのある作品が、昨年NHK Eテレの人気番組『団塊スタイル』で紹介され、中高年層の注目を一気に集めた。

オンライン書店で見る