Art in Hospital スウェーデンを旅して

文芸(単行本)
アートインホスピタルスウェーデンヲタビシテ
Art in Hospital スウェーデンを旅して
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

目次
■中部ろうさい病院での気づき
はじめに 4
天井画の原点は天井のシミ!? 6
心がパーッと広がる絵 8
時がたつほど、味がでる 10
アートはスタッフのため、でもある 12
■スウェーデンでの学び
赤い廊下に赤い椅子 14
消化器内科にはネオンアート 16
キラキラの集中治療室 18
ストレッチャーから見るアート 20
“こわくない”病院の外観 22
受付は低いカウンターで 24
動物のオブジェ 26
ずーっと、続いていく絵 28
道具として機能する診察室のアート 30
着替えて行くレストラン 32
貸し出しギャラリー 34
入院中こそ本は必要 36
いろいろな顔を持つプレイルーム 38
赤ちゃんの霊安所 40
ここで、待ってるよ! 42
■和歌山県立医科大学付属病院での実践
一通のメールから 44
汚れたら、ふき取れる絵を 46
オーベルニュの子守唄 48
鳥の歌 50

座談会 52
おわりに 60
国立成育医療研究センター 62

目次

  • はじめに
  • ■中部ろうさい病院での気づき
  •  山本容子のホスピタル・アートは天井から始った 天井画の原点は、天井のシミ!?
  •  さて、何を描く? 心がパーッと広がる絵
  •  画材は何を使うべきか 時がたつほど、味がでる
  •  誰のためのアートなのか アートはスタッフのため、でもある
  • ■スウェーデンでの学び
  •  「ここはどこ?」に対応する工夫 赤い廊下に赤い椅子
  •  各科に似合うアートがある 消化器内科にはネオンアート
  •  緊張を強いられるエリアに キラキラの集中治療室
  •  これから手術を受ける患者に ストレッチャーから見るアート
  •  子どものための病院だから “こわくない”病院の外観
  •  自分でチェックインすることが大事 受付は低いカウンターで
  •  子どもだから気が付く場所に 動物のオブジェ
  •  なにがあっても続いていく ずーっと、続いていく絵
  •  点滴中に見る偽物の青空 道具として機能する診察室のアート
  •  病院の中で味わう日常の味 着替えて行くレストラン
  •  自分の病室には、好きなアートを 貸し出しギャラリー
  •  病院の中の図書館 入院中こそ本は必要
  •  ふだんの暮らしがここにある いろいろな顔を持つプレイルーム
  •  逝ってしまった小さな命のために 赤ちゃんの霊安所
  •  患者の家族である子ども達のために ここで、待ってるよ!
  • ■和歌山県立医科大学附属病院での実践
  •  現場の医師が切実に求めたアート 一通のメールから
  •  ふつうの病院に、アート壁画を 汚れたら、ふき取れる絵を
  •  医療現場のまっただ中で、描く オーベルニュの子守唄
  •  新生児集中治療室(NICU)の前に 鳥の歌
  • 座談会
  • おわりに
  • 国立成育医療研究センター

製品情報

製品名 Art in Hospital スウェーデンを旅して
著者名 著:山本 容子
発売日 2013年09月28日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-218574-5
判型 B5変型
ページ数 64ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス