ケネディ暗殺 50年目の真実 KILLING KENNEDY

ケネディアンサツゴジュウネンメノシンジツキリングケネディ
  • 電子あり
ケネディ暗殺 50年目の真実 KILLING KENNEDY
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1963年11月22日、史上最年少で選出された第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが暗殺された。本書では、大統領就任式から暗殺の瞬間、そして事件の裏側や後日談までが、ほぼ全体にわたって”現在形”の臨場感あふれる筆致で、ドラマチックに描き出されていく。


 1963年11月22日、史上最年少で選出された第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが暗殺された。本書では、大統領就任式から暗殺の瞬間、そして事件の裏側や後日談までが、ほぼ全体にわたって”現在形”の臨場感あふれる筆致で、ドラマチックに描き出されていく。
 JFKという世界的なネームバリューの高さや事件の衝撃度、2013年にケネディ没後50年を迎えることから、アメリカと同様に日本でも大きな話題を呼ぶことが予想される1冊。

目次

  • プロローグ
  •  1961年1月20日。ジョン・F・ケネディは第35代アメリカ大統領就任式に臨んでいた。43歳。選挙で選出された最も若い大統領である。「我が同胞のアメリカ国民よ。国が何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを問おうではないか」彼の就任演説は国民の胸を打ち、希望に満ちあふれた明日の到来を予感させた。
  •  一方、ワシントンDCから遠く離れたソ連のミンスクでは、1959年にアメリカから亡命したリー・ハーヴェイ・オズワルドが共産主義国の生活に嫌気が差し、母国に帰りたがっていた。
  • PART1:死を免れて
  • PART2:幕が降りる
  • PART3:悪が勝つ
  • 終わりに
  • エピローグ

製品情報

製品名 ケネディ暗殺 50年目の真実 KILLING KENNEDY
著者名 著:ビル・オライリー 著:マーティン・デュガード 訳:江口 泰子
発売日 2013年11月08日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-218516-5
判型 四六
ページ数 362ページ

著者紹介

著:ビル・オライリー(ビル・オライリー)

Bill O’Reilly/ビル・オライリー
FOXニュースのニュースショー『ジ・オライリー・ファクター』のメインキャスター。新聞の社説も執筆する保守派の論客。『キリング・リンカーン:アメリカを永遠に変えた衝撃の暗殺』『文化の戦士』などベストセラー本を何冊も出している。日本未紹介。

著:マーティン・デュガード(マーティン・デュガード)

Martin Dugard/マーティン・デュガード
前作『キリング・リンカーン:アメリカを永遠に変えた衝撃の暗殺』でもオライリーとコンビを組んだノンフィクションベストセラー作家。

オンライン書店で見る