喧嘩猿

文芸(単行本)
ケンカザル
喧嘩猿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

盗まれた名刀・池田鬼神丸を巡り、男たちの生き方が衝突する。森の石松、黒駒の勝蔵、法印大五郎、武居の吃安……。時は嘉永六年。鬼才・木内一裕が書き下ろす新・講談、“幕末侠客伝”が現代に浮上する。


盗まれた名刀・池田鬼神丸を巡り、男たちの生き方が激突する!
森の石松、黒駒の勝蔵、法印大五郎、武居の吃安……。時は嘉永六年。
鬼才・木内一裕が書き下ろす新・講談、“幕末侠客伝”が現代に浮上する。

目次

  • 目次
  • 第一章 秋葉山
  • 第二章 身延道
  • 第三章 三嶋宿
  • 第四章 籠坂峠
  • 第五章 黒駒村
  • 所感を述ぶ(永田秀次郎)

製品情報

製品名 喧嘩猿
著者名 著:木内 一裕
発売日 2013年07月28日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218435-9
判型 四六
ページ数 314ページ