光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

ヒカリノウツシエヒロシマヒロシマヒロシマ
  • 電子あり
光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

真夏の夜、元安川に、人々は色とりどりの灯籠を流す。光を揺らしながら、遠い海へと流れていく――。
68年前の8月6日。広島上空で原子爆弾が炸裂した。そこに暮らしていた人々は、人類が経験したことのない光、熱線、爆風、そして放射能にさらされた。ひとりひとりの人生。ひとりひとりの物語。そのすべてが、一瞬にして消えてしまった。
原爆をテーマに研ぎ澄まされた筆致で『八月の光』を世に問うた朽木祥が、今回、長編で原爆を描ききる。
日本児童文学者協会新人賞をはじめ、産経児童出版文化賞大賞など多数の賞に輝く朽木祥が、渾身の力で、祈りをこめて描く代表作!第63回小学館児童出版文化賞受賞作。

製品情報

製品名 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島
著者名 作:朽木 祥
発売日 2013年10月12日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218373-4
判型 四六
ページ数 196ページ

著者紹介

作:朽木 祥(クツキ ショウ)

作家
広島市生まれ。被曝二世。上智大学大学院博士前期課程修了。
デビュー作『かはたれ』(福音館書店)で第39回児童文芸新人賞、第35回児童文学者協会新人賞ほか受賞。『彼岸花はきつねのかんざし』(学研)で第33回児童文芸家協会賞受賞。『風の靴』(講談社)で第57回産経児童出版文化賞大賞受賞。『オン・ザ・ライン』(小学館)は第58回青少年読書感想文全国コンクール指定図書に。その他の作品に『たそかれ』(福音館書店)、『引き出しの中の家』(ポプラ社)、『八月の光』(偕成社)などがある。神奈川県鎌倉市在住。

オンライン書店で見る