罪なき者よ、我を撃て

文芸(単行本)
ツミナキモノヨワレヲウテ
罪なき者よ、我を撃て
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彼女を守れ。2km先から撃ち込まれた銃弾。想像を絶するボディ・ガードの世界を圧倒的な取材力で切り拓いた、前代未聞の感動大作!


人類の最終兵器vs.警備保障チーム
警護、変装、検索、盗聴、そして推理! スナイパーから少女を守る術はあるのか?

『結婚式を中止せよ。さもなくば、惨劇が起きる』。警備保障会社に勤める二ノ宮舜は、アダルトグッズ会社社長の義娘、風間小麦の警護を任された。社長夫妻が挙式した数時間後、同会場で花嫁が脳幹をライフルで撃ち抜かれ死亡する。式の後、小麦は舜の目をかいくぐり、義父の経営する工場に潜入しようとする。その翌朝、小麦の自宅に一発の銃弾が撃ち込まれた。

江戸川乱歩賞作家入魂のボディガード・ミステリー!

目次

  •  プロローグ
  • 一章 ネバー・セイ・ネバー
  • 二章 風のアマポーラ
  • 三章 ワンホール・ショット
  • 四章 ザ・ポイント・オブ・ノーリターン
  • 五章 絆
  •  エピローグ

製品情報

製品名 罪なき者よ、我を撃て
著者名 著:渡辺 容子
発売日 2013年07月26日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-218371-0
判型 四六変型
ページ数 410ページ