千里伝 乾坤の児

文芸(単行本)
センリデンケンコンノコ
千里伝 乾坤の児
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

崩壊し、再構築された世界に降り立った千里とバソン。そこにはバソンの妻、ピキの亡骸があった。茫然とするバソンに、滅亡したはずの隋の軍隊が襲い掛かる。天地の因果を操ることのできる“武神賽”を持つ煬帝たちに立ち向かうべく、千里はまた一人で旅を始めた――。


滅亡したはずの隋の旗を掲げ、騎馬隊が攻めてくる。ピキは殺され、バソンは連れ去られた。もうひとつの天地では、絶海が玄冥たちを壊滅状態に追い込んでいる。仲間を失い、傷を負った千里は、決意を胸に一人旅立つ。
――少年は長き旅を経て、ついに英雄となる。

製品情報

製品名 千里伝 乾坤の児
著者名 著:仁木 英之 絵:ちぇこ
発売日 2012年11月24日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218060-3
判型 四六変型
ページ数 322ページ