邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち

文芸(単行本)
カンタンノチカイシコウテイトタタカッタモノタチ
  • 電子あり
邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

紀元前3世紀、戦国時代末期の中国。秦軍が圧倒的な力で各国を侵略するなか、無敵の権力者・秦王政(始皇帝)の命を狙う少年がいた。その名は張順。滅亡した名国「韓」の宰相家の生まれ。民を救い導く宿命を負った順は、稀代の剣士・荊軻、故郷を奪われた少女・桃と出会い、志を一つにする。万に一つしか成功しないと言われる秦王暗殺に秘策などあるのか? 仕損じれば死――苛烈な戦いに彼らは挑んでいく!


狙うは無敵の王の命――
乱世に生きる少年剣士の熱き物語!

本書を読み終えて、嗚呼、涙というのはこういう時に流れるのだなとつくづく思った。
――縄田一男氏(文芸評論家)推薦!

紀元前3世紀、戦国時代末期の中国。
秦軍が圧倒的な力で各国を侵略するなか、
無敵の権力者・秦王政(せい)(始皇帝)の命を狙う少年がいた。
その名は張順。滅亡した名国「韓」の宰相家の生まれ。
民を救い導く宿命を負った順は、稀代の剣士・荊軻、
故郷を奪われた少女・桃と出会い、志を一つにする。
万に一つしか成功しないと言われる
秦王暗殺に秘策などあるのか?
仕損じれば死――苛烈な戦いに彼らは挑んでいく!

目次

  • 一部 中原の夢 
  •  一、運命(さだめ)
  •  二、断行
  •  三、名将
  •  四、突風
  •  五、花都(はなまち)
  •  六、悪名
  •  七、異能
  •  八、趨勢
  •  
  • 二部 草原の夢
  •  一、流転
  •  二、悲劇
  •  三、当惑
  •  四、特命
  •  五、能力
  •  六、泥濘(でいねい)
  •  七、愛憎
  • 三部 邯鄲の誓(ゆめ) 
  •  一、意気
  •  二、難関
  •  三、立志

製品情報

製品名 邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち
著者名 著:丸山 天寿
発売日 2012年11月30日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218024-5
判型 四六変型
ページ数 338ページ

著者紹介

著:丸山 天寿(マルヤマ テンジュ)

1954年、長崎県生まれ。福岡県立八幡南高等学校卒業後、陸上自衛隊勤務を経て、古書店を開業。ライフワークである邪馬台国研究を進めるうち、自身初の小説となる『琅邪の鬼』を着想。2010年、第44回メフィスト賞を受賞し、デビューを果たす。現在、福岡県北九州市在住。著書に『琅邪の鬼』のほか、『琅邪の虎』『咸陽の闇』がある。

オンライン書店で見る