一刀流無想剣 斬

文芸(単行本)
イットウリュウムソウケンザン
一刀流無想剣 斬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国末期下野国、謀反により命を狙われた姫と幼き小姓を守るため、一人の男が一国を相手に血刀を振るう。男の名は神子上典膳(みこがみ・てんぜん)。伊東一刀斎より印可を受け、後に小野忠明と改名、柳生新陰流と並び徳川将軍家剣術指南役となったその人である。山中の逃避行、多勢による包囲網、他国の裏切り、刑場での罠……。切れ目なく訪れる絶体絶命の危機に、一刀流奥義“無想剣”がうなりをあげる。


戦国末期下野国、謀反により命を狙われた姫と幼き小姓を守るため、一人の男が一国を相手に血刀を振るう。男の名は神子上典膳(みこがみ・てんぜん)。伊東一刀斎より印可を受け、後に小野忠明と改名、柳生新陰流と並び徳川将軍家剣術指南役となったその人である。
山中の逃避行、多勢による包囲網、他国の裏切り、刑場での罠……。
一刀即万刀、万刀即一刀、一に始まり一に帰す。
切れ目なく訪れる絶体絶命の危機に、一刀流奥義“無想剣”がうなりをあげる。

製品情報

製品名 一刀流無想剣 斬
著者名 著:月村 了衛
発売日 2012年10月31日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218001-6
判型 四六変型
ページ数 258ページ

著者紹介

著:月村 了衛(ツキムラ リョウエ)

1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。1988年、テレビドラマ「ミスター味っ子」で脚本家デビュー。脚本家としての代表作に、原作・構成・脚本を務めた「ノワール」などがある。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2011年、『機龍警察 自爆条項』で、「このミステリーがすごい!」第9位となり、凄絶なアクションと重厚なドラマの融合が話題を呼んで、新時代のエンターテインメント作家として注目を集めている。