明治演劇史

メイジエンゲキシ
明治演劇史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

九代目団十郎、五代目菊五郎、そして左団次のいわゆる「団菊左」。この三人の名優の活躍はもとより、能の宝生九郎、梅若実の対照、川上音二郎・貞奴夫妻の躍動、興行師としての守田勘弥、松竹兄弟の擡頭、女優・松井須磨子の誕生など、波瀾にとんだ演劇界の動きと、西南戦争、日清・日露の三度の戦争など、政治・社会の動きをダイナミックに活写。演劇を通して、日本の近代の姿がリアリティをもって浮かび上がってくる、筆者渾身の力作。

製品情報

製品名 明治演劇史
著者名 著:渡辺 保
発売日 2012年11月22日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-217921-8
判型 四六
ページ数 490ページ

著者紹介

著:渡辺 保(ワタナベ タモツ)

1936年生まれ。演劇評論家。東宝演劇部企画室を経て、放送大学教授などを歴任。我が国の代表的演劇評論家として活躍、著書多数。『女形の運命』『忠臣蔵』『娘道成寺』『黙阿弥の明治維新』『私の歌舞伎遍歴』『江戸演劇史(上・下)』など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス