チマチマ記

文芸(単行本)
チマチマキ
チマチマ記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ネコのチマキの目から見た「宝来家」の毎日。
人間って、わからないけどたのしいかも……。

小巻おかあさんの家で飼われることになったチマキ、ノリマキの迷いネコ兄弟。複雑な関係だけど仲良しな大家族「宝来家」で、食事を一手に引きうけているのはおかあさんの息子・カガミさん。家族の健康を第一に、カガミさんは美味しくて身体にいい食事を黙々と作り続ける。もうひとつ、カガミさんが気になるのは、中学・高校の先輩で宝来家に居候している桜川くんの存在なのだが……。

春野菜のドライカレー、玄米甘酒ひんやりスイーツ、かぼちゃの豆乳ポタージュ、きのこたっぷりごはん……おうちの中はいつもいい匂い!

目次

  • 1.Early Spring 朝ごはん
  • 2.Spring 昼ごはん
  • 3.Early Summer 飲茶パーティ
  • 4.Summer ちびっこたちの昼ごはん&おやつ
  • 5.Autumn ピクニック
  • 6.Late Autumn 香ばしいごちそう
  • 7.Early Winter お楽しみ会
  • 8.Midwinter 冬ごもりのマキ

製品情報

製品名 チマチマ記
著者名 著:長野 まゆみ
発売日 2012年06月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217707-8
判型 四六
ページ数 266ページ
初出 『小説現代』2011年4月号、6月号~9月号、11月号、2012年1月号、2月号