黄金街

文芸(単行本)
オウゴンガイ
  • 電子あり
黄金街
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大事なひとを忽然となくし、いまはわずか三坪のバー〈カリフラワー〉を営む渚。ギター流しの老人が入院したと聞き、思いは揺れる。十日前、冬眠中の獣のようにカウンターに座っていたのを、きつい言葉で追い出していた。(黄金街)不器用で、孤独で、そこはかとない。でも、必ず寄り添う誰かがいる。世界の片隅で声を上げる人々の、切なくも温かい人生の一瞬を切りとる珠玉の六篇。


大事なひとを忽然となくし、いまはわずか三坪のバー〈カリフラワー〉を営む渚。馴染みのギター流しの老人が入院したと聞き、にわかに思いは揺れる。十日前、冬眠中の獣のようにカウンターに座っていたのを、きつい言葉で追い出していた。(黄金街)
不器用で、孤独で、そこはかとない。でも、必ず寄り添う誰かがいる。
世界の片隅で声を上げる人々の、切なくも温かい人生の一瞬を切りとる珠玉の六篇。「人の業」を綴りつづける作家の、ひそやかで一途な思いが結ばれる--

目次

  • ファインプレイ
  • 黄金街
  • パタパタ小父さん
  • しあわせの鐘
  • 通夜噺
  • 青い鳥

製品情報

製品名 黄金街
著者名 著:三田 完
発売日 2012年04月19日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-217631-6
判型 四六変型
ページ数 226ページ
初出 収録作品参照

著者紹介

著:三田 完(ミタ カン)

(みた・かん)
1956年埼玉県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、NHKでディレクター、プロデューサーとして主に音楽番組を担当。退職後はテレビ・ラジオ番組制作、音楽プロデュースなどに携わり、その傍ら執筆を続けている。
2000年「櫻川イワンの恋」で第80回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。2007年『俳風三麗花』が第137回直木賞候補となる。
主な著書に『乾杯屋』『当マイクロフォン』『櫻川イワンの恋』『草の花』『モーニングサービス』などがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る