ミッション〈MISSION〉ーートップ16人が語る「3・11」と「未来の稼ぎ方」

ミッショントップジュウロクニンガカタルサンテンイチイチトミライノカセギカタ
  • 電子あり
ミッション〈MISSION〉ーートップ16人が語る「3・11」と「未来の稼ぎ方」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ユニクロ、日産、リコー、パナソニック、ファミリーマート、高島屋、ダイワハウス、ANA、マツモトキヨシ、キリンビール、ファンケル、資生堂、コーセー、ホンダ、東京海上日動火災、明治安田生命 日本有数の会社の経営トップ16人が語る、東日本大震災。危機管理、経営改革、グローバル展開。3・11という日本の大ピンチをいかに世界で稼ぐチャンスに変えていくのか?


ユニクロ、日産、リコー、パナソニック、ファミリーマート、高島屋、ダイワハウス、ANA、マツモトキヨシ、キリンビール、ファンケル、資生堂、コーセー、ホンダ、東京海上日動火災、明治安田生命
日本有数の会社の経営トップ16人が語る、東日本大震災。
危機管理、経営改革、グローバル展開。
3・11という日本の大ピンチをいかに世界で稼ぐチャンスに変えていくのか?

目次

  • なぜいま「ミッション」なのか
  • 1 柳井 正   ファーストリテイリング会長兼社長
  •         グローバルに、羽ばたける条件が今の日本人には揃っている
  • 2 大坪文雄 パナソニック社長
  •         「街まるごと」の取り組みで、復興の役に立つのが我々の存在価値。 
  • 3 伊東孝紳 本田技研工業社長
  •   日本は変わった。世界は不変。震災を第2の開国に繋げたい。
  • 4 近藤史朗 リコー社長
  • 現地生産、現地販売はますます加速する。日本企業はそこで必ず強さを取り戻す。
  • 5 樋口武男 大和ハウス工業会長兼CEO
  • 世の中のためになることは何か。夢のあるビジョンを今すぐ提示すべきだ。
  • 6 隅 修三 東京海上ホールディングス社長
  • 内需拡大の仕組みを、2~3年で作る必要がある。
  • 7 上田準二 ファミリーマート社長
  • 効率化のための一極集中を見直し、分散化、多様化で、勝負する。
  • 8 松尾憲治 明治安田生命保険社長
  • 直接お客様と会うことで心が通う。それが満足度を上げる。
  • 9 前田新造 資生堂会長
  • 震災支援で社員が再確認。人が美しく生きるために、我々ができること。
  • 10 三宅占二 キリンホールディングス社長
  • 人と人の絆作りに貢献するというミッションを世界に広げていく。
  • 11 鈴木弘治 高島屋社長
  • 経費削減ではなく、経営資源の組み替えに未来がある。
  • 12 志賀俊之 日産自動車COO
  • 日本国内生産にこだわりつつ、リスクを取って海外市場を開く。
  • 13 小林一俊 コーセー社長
  • 新たな市場を創る、切り開く。我々にはまだそれができる。
  • 14 宮島和美 ファンケル会長
  • 「不」の解消という、創業理念を再確認、美と健康分野で社会貢献を目指す。
  • 15 伊東信一郎 ANA社長
  • 世界の格安航空会社参入は需要拡大の好機になる。
  • 16 松本南海雄 マツモトキヨシホールディングス会長兼社長
  • 超高齢化社会へ「かかりつけ薬局」を地域社会の中核に。

製品情報

製品名 ミッション〈MISSION〉ーートップ16人が語る「3・11」と「未来の稼ぎ方」
著者名 著:大塚 英樹
発売日 2011年12月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217369-8
判型 四六
ページ数 384ページ

著者紹介

著:大塚 英樹(オオツカ ヒデキ)

経済ジャーナリスト。1950年兵庫県生まれテレビディレクター、ニューヨークの雑誌のスタッフライターを経て、独立。以来、新聞、週刊誌、月刊誌で精力的に執筆活動。国際経済を中心に、政治・社会問題などの分野で幅広く活躍。特にこれまで五百数十人の経営者にインタビューし、『幸運思考』『流通王』『「距離感」が人を動かす』『感動に不況はない』『柳井正 未来の歩き方』などの著書がある。

オンライン書店で見る