希望 僕が被災地で考えたこと

キボウボクガヒサイチデカンガエタコト
希望 僕が被災地で考えたこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

だから僕は、被災地に向かった。

被災者の気持ちを、わかろうとする努力を怠らずにいたい。
無力感から歩みをとめてしまうことが、いちばん怖い。
立ち止まっていても、だれかの役に立つことはできない。

被災地のために、精一杯のことを

第一章 僕に何ができるのか
 三月十一日/父として/自粛と他粛/無力感のなかで
第二章 そして、被災地に向かった
 青空を見上げて/「また会いましょう」/こどもの日/灯りをともして/
 プレイボール!/ファイト新聞
第三章 いま、思うこと
 希望
――目次より

製品情報

製品名 希望 僕が被災地で考えたこと
著者名 著:乙武 洋匡
発売日 2011年07月14日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-217107-6
判型 四六
ページ数 206ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス