幕末維新史の定説を斬る

文芸(単行本)
バクマツイシンシノテイセツヲキル
幕末維新史の定説を斬る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

京都見廻組犯行説と薩摩藩黒幕説とがある竜馬殺しの真相は、どこにあるか? 尊王攘夷派と対決する役割である京都守護職を、松平容保が幕府から押しつけられ、悲劇の人となった、その根っこには、会津藩・寛政の改革の成功があった! 巷間言われている孝明天皇病死説には、論理の飛躍や不備が存在する。では、毒殺説に説得力はあるのだろうか?


定説に疑義あり!
竜馬殺しの真相は? 松平容保、京都守護職指名の裏事情。孝明天皇は、本当に病死だったのか? 幕末維新の「事件」の謎を、史料を駆使して解く史論集。

定説を、まず疑ってみよう!
京都見廻組犯行説と薩摩藩黒幕説とがある竜馬殺しの真相は、どこにあるか? 尊王攘夷派と対決する役割である京都守護職を、松平容保が幕府から押しつけられ、悲劇の人となった、その根っこには、会津藩・寛政の改革の成功があった! 巷間言われている孝明天皇病死説には、論理の飛躍や不備が存在する。では、毒殺説に説得力はあるのだろうか?

目次

  • 竜馬「暗殺」
  • 松平容保はなぜ京都守護職に指名されたか
  • 孝明天皇は「病死」したのか
  •  あとがき

製品情報

製品名 幕末維新史の定説を斬る
著者名 著:中村 彰彦
発売日 2011年05月21日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-216926-4
判型 四六
ページ数 254ページ
初出 『KENZAN!』Vol.8(2009年3月)~Vol.13(2010年11月)