双月高校、クイズ日和

文芸(単行本)
ソウツキコウコウクイズビヨリ
双月高校、クイズ日和
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「問題。日本人で初めてアイスクリームを食べたのは誰?」

目指せ、全国高校生クイズ大会「ビロード6」出場! クイズ同好会『ヒポクラテス・クラブ』の青春を賭けた、熱い時間が始まった!
クイズという“競技”に情熱を傾ける高校生を描く、新・文化系青春小説!

クイズを誰より愛する高校生・鹿川幸彦により創設されたクイズ同好会『ヒポクラテス・クラブ』。鹿川の熱に押されてか、クイズの魅力に引き込まれてか、集ったのは個性豊かなメンバーたち。目指すは全国高校生クイズ大会「ビロード6」出場!……と思いきや、クラブ内では次から次へとトラブルが巻き起こってしまい……!? ついには同好会の存続を賭けた一大事件へと発展してしまう!――果たして、『ヒポクラテス・クラブ』の命運は!?

●鹿川幸彦
双月高校クイズ同好会『ヒポクラテス・クラブ』リーダー。熱血漢だがおっちょこちょい。
●土方亜輪紗
学年のアイドル。中学から続けていたテニス部を辞め、クイズを選ぶ。「映画」ジャンルが得意。
●小栗伸由
鹿川に誘われ入会。気弱だがメンバー一思いやりのある男子。得意ジャンル「文学歴史」。
●葉山ナツキ
その知識量からメンバーの誰もが一目置く、まさにクイズプレイヤーに相応しい秀才少女。
●高槻サミ
金髪、粗暴の問題児。「科学」が得意。ひょんなことからクラブ存続の命運が託されることに。
●青崎倫太郎
校内一のプレイボーイ。亜輪紗を“オトす”ためだけに同好会に参加するのだが……。
●銀雀正志
反射神経には自信ありの元サッカー部員。ある出来事からナツキを「師」と仰ぐようになる。

※本書は、2007年刊行『ヒポクラテス・クラブ』(新風舎)を元に、大幅に加筆・修正を加えました。

製品情報

製品名 双月高校、クイズ日和
著者名 著:青柳 碧人
発売日 2011年01月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-216754-3
判型 四六
ページ数 298ページ
初出 2007年刊行「ヒポクラテス・クラブ」(新風舎)を元に、大幅に加筆・修正を加えた。