末裔

文芸(単行本)
マツエイ
  • 電子あり
末裔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

定年近い公務員の省三が、ある日家に帰ると、玄関ドアの鍵穴はどこにもなかった。妻を亡くし息子も娘も家を出て、家に入れない。省三は外泊を続け、今や住む人のない鎌倉の伯父の家に滞在する。懐かしいものに囲まれながら思い出すのは、父と伯父がかわす教養を根本に置いた会話、母や伯母のことなど、かつてそこにあった幸せな光景。すべては失われ堕落した末裔であると自覚した省三は、自らの系譜に思いを巡らせ、行動を起こす。


家族であることとはいったい何なのか
父や伯父の持っていた教養、亡き妻との日々、全ては豊かな家族の思い出。

「お兄ちゃんのとこも子供いないでしょ。私も全然そんな気ないけど、このままだったら誰もいなくなっちゃうんだねえ」
「そうだな」
「じゃあ、ほんとに私がこの家の、最後の一人なんだ」
省三の脳裏に「末裔」という言葉がよぎった。――<本文より>

妻を亡くし、子供たちは家を出た。省三は、自らの系譜に思いを巡らせる。

製品情報

製品名 末裔
著者名 著:絲山 秋子
発売日 2011年02月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216737-6
判型 四六
ページ数 306ページ
初出 『群像』2009年9月号~2010年8月号

オンライン書店で見る