背中の記憶

文芸(単行本)
セナカノキオク
背中の記憶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幼き眼に焼き付けた、哀しくも愛おしい家族の肖像。
記憶の奥にしまわれた原風景が鮮やかに甦り、置き忘れてきたいくつもの感情が揺り起こされる、珠玉の物語、全13篇。

これは過去の思い出なんかではなく、かさぶたの下の、新しい肌だ。――加瀬亮(俳優)
年代の違う写真家の、目と皮膚で切り取ったような、ごく個人的な家族の記憶なのに、なぜだろう、このぜんぶ、私は知っている。知りすぎていて、泣けた。もう帰らない日々と、決して失われないものをまざまざと見せつけられて、泣いたのである。――角田光代(作家)

「中学3年生の2月、大好きだった祖母をわたしは亡くした。それは突然の、そしてわたしにとって初めての喪失だった。……祖母がどうやってわたしを叱り、やさしく見つめたか、そんなことも思い出せなくなってしまった時、わたしの中で残っていたのは、居間でつまらないテレビを見て、タバコを吸っているあの背中だった。……いまでも、誰かの背中にシャッターを切ってしまうことがある。祖母の後ろ姿を取り戻せるのではないかという期待とともに。」――<本文より>

第26回講談社エッセイ賞受賞

製品情報

製品名 背中の記憶
著者名 著:長島 有里枝
発売日 2009年11月21日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-215896-1
判型 四六
ページ数 240ページ
初出 『群像』2008年8月~2009年7月号