天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界

テンサイガカタルサヴァンアスペルガーキョウカンカクノセカイ
天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

円周率22500桁を暗唱し10ヵ国語を話す天才・ダニエル・タメットが、自分の脳をのぞいてみた!前作『ぼくには数字が風景に見える』は18ヵ国語に翻訳され、全世界で50万部超の読者に受け入れられた。また、ダニエル・タメットは多くのテレビ番組に出演したほか、『タイムズ』『ガーディアン』『テレグラフ』『ニューヨーク・タイムズ』『シュピーゲル』『ル・モンド』各誌で取り上げられた。


「この正真正銘の天才は、自分の脳を“実験台”にして、脳宇宙の探検に乗り出している」
『脳が知りたい!』のノンフィクション・ライター野村進さん絶賛!

円周率22500桁を暗唱し10ヵ国語を話す天才・ダニエル・タメットが、自分の脳をのぞいてみた!

前作『ぼくには数字が風景に見える』は18ヵ国語に翻訳され、全世界で50万部超の読者に受け入れられ、英国『サンデー・タイムズ』紙、米国『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラーにもなった。また、ダニエル・タメットは『レイトショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』『60ミニッツ』『グッドモーニング・アメリカ』など多くのテレビ番組に出演したほか、『タイムズ』『ガーディアン』『テレグラフ』『ニューヨーク・タイムズ』『シュピーゲル』『ル・モンド』各誌で取り上げられた。

目次

  • まえがき
  • 第1章 空より広い
  •  脳の短い歴史
  •  脳の構造を変える
  •  発作とサヴァン
  •  マッチ棒を数える
  •  数字と踊る
  •  脳はどうやって学んでいるのか
  • 第2章 脳を測る──知能と才能
  •  重さを量る──知能指数の歴史
  •  人間を測るという過ち
  •  複合的な知能
  •  才能は遺伝か?
  • 第3章 ないものを見る
  •  記憶の科学
  •  もっとじょうずに覚える
  •  デジャ・ヴュとその他の歪み
  •  忘却
  • 第4章 言葉の世界
  •  言語本能
  •  言語の普遍性
  •  第二言語を学ぶ
  •  成功する言語学習
  •  消えていく言葉
  • 第5章 数字本能
  •  だれもが計算する
  •  さまざまな数の数え方
  •  脳のなかの数字
  •  ぼくの計算方法
  •  数字の美しさ
  • 第6章 独創性という現象
  •  想像の飛躍
  •  内なる嵐
  •  言語のビッグバン
  •  自閉症の人々の創造性
  • 第7章 視覚の不思議
  •  頭のなかを見る
  •  火星の色とインクの染み
  •  器用な脳
  •  絵画の心理学
  • 第8章 思考の糧
  •  知識の原子
  •  毛繕いとしてのゴシップ
  •  生きている文学
  •  みんなの意見
  •  広告の攻撃
  •  過剰な情報にうち勝つ
  • 第9章 数学的な考え方
  •  現代統計学の状況
  •  大当たりと投票箱
  •  人はどうして理不尽なものを信じるのか
  •  人口、予言、パターン
  •  論理──考える科学
  • 第10章 脳の未来
  •  天才キャップ
  •  薬で脳を活性化する
  •  脳の未来
  •  人間の未来
  • 謝辞
  • 訳者あとがき
  • 参考図書

製品情報

製品名 天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界
著者名 著:ダニエル・タメット 訳:古屋 美登里
発売日 2011年02月01日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-215513-7
判型 四六
ページ数 338ページ

著者紹介

著:ダニエル・タメット(ダニエル・タメット)

作家、言語学者、教師。1979年、ロンドンに生まれる。9人きょうだいのいちばん上として育つ。2004年、円周率の暗唱でヨーロッパ記録を樹立。それをきっかけに制作されたTVドキュメンタリー「ブレインマン」は40ヵ国以上で放映され、大きな話題を呼んだ。自伝 Born on a Blue Day は世界中でベストセラーとなった。日本でも『ぼくには数字が風景に見える』として出版され、好評を博す。現在は、自身のウェブサイトoptimnem で、外国語学習プログラムを展開している。フランス南部のアヴィニョンに暮らしている。

訳:古屋 美登里(フルヤ ミドリ)

(ふるや・みどり)
早稲田大学教育学部卒業。翻訳家。エッセイスト。おもな訳書に、ダニエル・タメット『ぼくには数字が風景に見える』、リサ・ジェノヴァ『静かなアリス』(ともに講談社)、エドワード・ケアリー『望楼館追想』、ジャネット・ターナー・ホスピタル『暗号名サラマンダー』(ともに文藝春秋)、アイラ・モーリー『日曜日の空は』(早川書房)などがある。