院政の日本人 双調平家物語ノート2

文芸(単行本)
インセイノニホンジンソウヂョウヘイケモノガタリノート
  • 電子あり
院政の日本人 双調平家物語ノート2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本歴史の転換点には「院政」が現れる! 欲望を表明しうる唯一の人・上皇が布く院政という体制と、その上皇の欲望こそが鎌倉時代を導き出す。系図と年表付きで、歴史の大きなうねりを橋本節で検証する。


日本の歴史はややこしくて鬱陶しくて、じれったい。院政こそ、「男の歴史」の始まりだ。時代の転換点に必ず現れる院政を検証し、新しい歴史の広がりを縦横に描く「橋本史論」。
「新たなる律令国家」としてスタートした明治政府の「近代」を持ったおかげで、我々は「律令国家のあった昔」を誤解してしまったのかもしれない。 欲望を表明しうる唯一の人・上皇が布く院政という体制と、その上皇の欲望こそが鎌倉時代を導き出す。系図と年表付きで、歴史の大きなうねりを橋本節で検証する。

目次

  • 第一章 后の力
  • 第二章 蘇我氏の時代
  • 第三章 人のいる歴史
  • 第四章 男の歴史
  • 第五章 天皇の舅──摂関家
  • 第六章 家長と一族
  • 第七章 転換期としての院政の時代
  • 第八章 名門が滅びる構造
  • 第九章 父子対立への道
  • 第十章 破綻の前夜
  • 第十一章 男をキレさせるシステム
  • 第十二章 戦えない男達
  • 第十三章 おかしなおかしな平治の乱
  • 第十四章 平氏政権への道
  • 第十五章 鹿ヶ谷事件とその謎
  • 第十六章 崩壊への道
  • 第十七章 源氏と平氏は戦うが
  • 第十八章 「木曾義仲」という謎
  • あとがき

製品情報

製品名 院政の日本人 双調平家物語ノート2
著者名 著:橋本 治
発売日 2009年07月02日
価格 定価 : 本体2,100円(税別)
ISBN 978-4-06-214287-8
判型 A5
ページ数 442ページ
初出 『群像』2006年2月号~2007年5月号。単行本化にあたり、大幅に加筆訂正した。

オンライン書店で見る