腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

文芸(単行本)
フヌケドモカナシミノアイヲミセロ
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「あたしは特別な人間なのだ。」
ありえない「自意識」が、壊れた扇風機をまわし始める。

「お姉ちゃんは最高におもしろいよ」と叫んで14歳の妹がしでかした恐怖の事件。妹を信じてはいけないし許してもいけない。人の心は死にたくなるほど切なくて殺したくなるほど憎々しい。三島由紀夫賞最終候補作品として議論沸騰、魂を震撼させたあの伝説の小説がついに刊行!

製品情報

製品名 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
著者名 著:本谷 有希子
発売日 2005年07月02日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-212998-5
判型 四六
ページ数 198ページ
初出 『群像』’04年12月号