アインシュタイン日本で相対論を語る

アインシュタインニホンデソウタイロンヲカタル
アインシュタイン日本で相対論を語る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「私は相対性理論が、どんなにやさしいものかを日本の皆さんに伝えに来ました」
幻の日記、全世界に先駆け初出版!!
来日80周年記念!!日本滞在43日間の全記録と「講演録」完全再現!!

アインシュタインは、日本と日本人に恋をした!!

「日本人は西洋の知的業績に感嘆し、成功と大きな理想主義を掲げて科学に飛び込んでいます。けれども、西洋と出会う以前に日本人が本来もっていた生活の芸術化、謙虚さと質素さ、純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って、忘れずにいてほしいものです」
――アインシュタインの「日本における私の印象」

「厭味(いやみ)もなく、疑い深くもなく、人を真剣に高く評価する態度が日本人の特色である。彼ら以外にこれほど純粋な人間の心をもつ人はどこにもいない。この国を愛し、尊敬すべきである」
――1922年12月10日付、アインシュタインの日記より

製品情報

製品名 アインシュタイン日本で相対論を語る
著者名 著:アインシュタイン・アルバ-ト 編・訳:杉元 賢治
発売日 2001年10月11日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-210931-4
判型 B5
ページ数 160ページ