白い心臓

文芸(単行本)
シロイシンゾウ
白い心臓
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

〈本邦初訳〉
現代スペインの秀作!
新婚旅行のハバナのホテルから始まる、愛と秘密と殺人の物語。
女がささやく言葉の謎!

原作者ハビエル・マリアスはスペイン現代文学の新しい旗手(1951年生まれ)。その名声は、今や、国際的な域に達した。原作はマリアスの7番目の著書で、発売以来(1992年)、国内外で絶賛され、スペインの批評家賞、フランスの文学賞、アイルランドのダブリン国際文学賞などを受賞している。たとえばドイツでは百万部を越える大ベストセラーになり、米国ではフィクションを含めた世界の25の主要作品(1996年度)の1つに選出されている。小説の舞台は主人公夫婦の生活の拠点であるマドリードと、ハバナ、ニューヨーク、ジュネーブ、などである。ハバナのホテルのバルコニーから外を眺めていた主人公は人待ち顔の混血女と視線が合う。女は主人公を待ち合わせた男と思い込み、ホテルに近づく。事件の幕明けである。題名の、“白い心臓”はシェイクスピアの「マクベス」に由来する。――(解説より)

製品情報

製品名 白い心臓
著者名 著:ハビエル・マリアス 訳:有本 紀明
発売日 2001年10月25日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-209583-9
判型 四六
ページ数 420ページ