果つる底なき

文芸(単行本)
ハツルソコナキ
果つる底なき
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

元三菱銀行員の大型新人(35歳)が内幕を抉る新しい金融サスペンスの誕生!
第44回江戸川乱歩賞受賞作!

債権回収を担当していた同僚が死んだ。謎の言葉と、不正の疑惑を残して。彼の妻は、かつて「私」の恋人だった……。先端企業への融資をめぐる大銀行の闇に、私は1人、挑む。

●銀行ミステリーの誕生を宣言する作品だ。(阿刀田高氏)
●銀行業務における情報の処理、銀行マンとしての主人公のプライド、事件、人物の動かし方……受賞作とすることに異存はなかった。(大沢在昌氏)
●緊密で上質なミステリーとして成立していた。(北方謙三氏)
●全く独自の視点で切り込んで来る。新しい分野としか言い様がない。(高橋克彦)
●銀行内部の事情、金の動きは、素人にもわかるように書かれている。(皆川博子氏) ―――選評より

製品情報

製品名 果つる底なき
著者名 著:池井戸 潤
発売日 1998年09月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-209367-5
判型 四六
ページ数 330ページ