吐蕃風異聞

文芸(単行本)
トバンノカゼイブン
  • 電子あり
吐蕃風異聞
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

滾(たぎ)るチベット独立への想い! 冒険小説の新しき地平! ヤクの群れ集うチャンタン高原に、一発の銃声が轟き、真言を唱える声が響くラサでは、チベット独立の決起が迫る! エンターテインメント界期待の新鋭が書下ろす、1100枚の叙事詩。


滾(たぎ)るチベット独立への想い! 冒険小説の新しき地平!
ヤクの群れ集うチャンタン高原に、一発の銃声が轟き、真言を唱える声が響くラサでは、チベット独立の決起が迫る! エンターテインメント界期待の新鋭が書下ろす、1100枚の叙事詩。

吐蕃――チベットを古くは「吐蕃」と呼んだ。吐蕃は大唐帝国と100年以上にわたる戦いをつづけ、一時は都長安を攻略したこともある軍事大国であった。『続日本紀(しょくにほんき)』巻19の、玄宗(げんそう)皇帝に朝賀するにあたって自分が吐蕃の使いより下位におかれたという、遣唐使大伴宿禰古麻呂(おおとものすくねこまろ)の帰朝報告にもその名を見ることができる。しかし、有史以来2100年あまりの歴史と独自の文化と価値観を持った国家は、1950年以後「チベット自治区」として中華人民共和国に併合されている。

目次

  • 第一部 チャンタン高原
  • 第二部 ゴルムドからの脱走
  • 第三部 復讐への逃亡
  • 第四部 陰謀のラサ
  • 第五部 チベットの星
  • 第六部 指名手配者
  • 第七部 秘境の谷
  • 第八部 眠らぬ獅子の群れ
  • 第九部 天空の闘い

製品情報

製品名 吐蕃風異聞
著者名 著:稲葉 稔
発売日 1996年09月18日
価格 定価 : 本体1,942円(税別)
ISBN 978-4-06-208314-0
判型 四六
ページ数 398ページ

オンライン書店で見る