高杉晋作(上)

文芸(単行本)
タカスギシンサク
高杉晋作(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新しい青春の幕末
断然面白い歴史小説の誕生!『竜馬がゆく』から30年、いま再び幕末小説の傑作現わる。鮮やかに描かれる青春の客気、人間の魅力!

真実は1つではない。人はそのおかれた立場によって、それぞれ異なる真実を持ち、信奉する。かつて芥川龍之介は、名作「藪の中」でそれを描いた。筆者は、長州の高杉晋作の立場から、維新革命を直視しようと思い、筆を執った。高杉晋作は、18歳の時、吉田松陰の教えをうけ、以後10年、維新革命に尽瘁し、28歳で世を去る。その10年のうち、尊王倒幕の運動に奔命したのは5年に過ぎない。5年の運動によって、盤石の徳川幕府はゆらぎ、倒壊は時間の問題となるに至った。──その5年の歳月と、年歯23から28に至る晋作の客気を描きたいと願った。──(あとがきから)

製品情報

製品名 高杉晋作(上)
著者名 著:池宮 彰一郎
発売日 1994年11月14日
価格 定価 : 本体1,456円(税別)
ISBN 978-4-06-206838-3
判型 四六
ページ数 280ページ

おすすめの本