新編 疾走するモーツァルト

講談社文芸文庫
シンペンシッソウスルモーツァルト
著:高橋 英夫 解説:清水 徹
  • 電子あり
新編 疾走するモーツァルト
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

モーツァルトくらい、孤独と華麗、激情と蕩揺のあいだの距離の大きい音楽家はいなかった――。小林秀雄、河上徹太郎等、日本人のモーツァルト受容史を精緻に跡づけつつ、幼少期から今日迄その音楽を鍾愛し、聴き抜いたモーツァルティアン高橋英夫が、耳と心を研ぎ澄まし、変幻するモーツァルト像に迫る表題作に、「音楽的貴種流離譚」等モーツァルトをめぐるエッセイ14篇を加え新編とする。


天才の「深淵」と「謎」に迫る白熱の論考。

モーツァルトくらい、孤独と華麗、激情と蕩揺のあいだの距離の大きい音楽家はいなかった――。小林秀雄、河上徹太郎等、日本人のモーツァルト受容史を精緻に跡づけつつ、幼少期から今日迄その音楽を鍾愛し、聴き抜いたモーツァルティアン高橋英夫が、耳と心を研ぎ澄まし、変幻するモーツァルト像に迫る表題作に、「音楽的貴種流離譚」等モーツァルトをめぐるエッセイ14篇を加え新編とする。

清水徹
小林秀雄の世代におけるモーツァルト受容をつらぬく、「≪ファゴット・コンチェルト≫から≪ハ長調ミサ≫をへて≪フィガロ≫の<愛の神様>にいたる線もまた、モーツァルトそのものの形をしており、彼の≪やさしさ≫の位相を純粋に辿りうる秘められた小径になっているのではないか」――こんなふうに音型相似性(アンテルテクスチュアリテ)を聴きわけることができるのは、小林秀雄の世代の作品に親しみ、そしてモーツァルトを詳しく聴きこんでいる高橋英夫を擱いて他にないだろう。――<「解説」より>

目次

  • 疾走するモーツァルト
  • 序章
  • I 唯一者
  • II 逃走
  •  第一のインテルメッツオ
  • III 深淵
  • IV 記憶
  •  第二のインテルメッツオ
  • V 調和
  • VI 謎
  • 終章
  • アンダンテのモーツァルト
  • 音楽的貴種流離譚
  • アンダンテのモーツァルト
  • モーツァルト熱
  • 日本人のモーツァルト好み
  • ピアノ連弾曲集
  • フルート四重奏曲
  • 四十番シンフォニー
  • クラリネット協奏曲
  • さまざまなモーツァルト
  • 私のモーツァルト・ベスト5
  • カール・バルトの「モーツァルト」
  • 酔生夢死
  • 「新しい音」の発見
  • 最初のモーツァルト
  • 『疾走するモーツァルト』単行本あとがき
  • 著者から読者へ

製品情報

製品名 新編 疾走するモーツァルト
著者名 著:高橋 英夫 解説:清水 徹
発売日 2006年08月12日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-198450-9
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:「疾走するモーツァアルト」//『疾走するモーツァルト』’99年3月 講談社学術文庫刊「音楽的貴種流離譚」~「私のモーツァルト」まで10篇//『濃密な夜 私の音楽生活1970~1991』’91年4月 小沢書店刊。上記のものを底本として使用し、一部に著者による補筆訂正を加えた。

オンライン書店で見る