新装版 一葉の日記

講談社文芸文庫
シンソウバンイチヨウノニッキ
  • 電子あり
新装版 一葉の日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一葉は、いつも庶民のなかにいた。そして、頭のなかでは、社会のありかたの不当さをいつも考えていた。(本文より)樋口一葉の研究に没頭して伝記・評論を書き続け、全集の実務にも携わった作家・和田芳恵が、一葉16歳から死に到る25歳までの日記を、鋭い洞察力で丹念に分析。一葉文学の本質を描出し評伝文学の白眉といわれた。著者畢生の仕事である一葉研究の集大成。日本芸術院賞受賞。


近代日本の夜明けに生きた<一葉の生涯>

一葉は、いつも庶民のなかにいた。そして、頭のなかでは、社会のありかたの不当さをいつも考えていた。(本文より)樋口一葉の研究に没頭して伝記・評論を書き続け、全集の実務にも携わった作家・和田芳恵が、一葉16歳から死に到る25歳までの日記を、鋭い洞察力で丹念に分析。一葉文学の本質を描出し評伝文学の白眉といわれた。著者畢生の仕事である一葉研究の集大成。日本芸術院賞受賞。

松坂俊夫
それはとりもなおさず一葉の日記を、日記文学――実在の人物の登場する私小説と考えていることである。(略)『一葉の日記』はこうした著者の考えを起点とも原点ともしながら、著者というよりもひとりの作家の、一字一句をもゆるがせにしない、みずからの存在を賭けた読みの成果である。著者が一葉の日記を読むことは、自己の作家としての存在を確認することであり、それは自己の作品を読むにもひとしかった。――<「解説」より>

製品情報

製品名 新装版 一葉の日記
著者名 著:和田 芳恵 解説:松坂 俊夫
発売日 2005年04月10日
価格 定価 : 本体1,650円(税別)
ISBN 978-4-06-198403-5
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 ’86年3月に福武文庫から刊行の『一葉の日記』を底本とし、多少ふりがなを加えた。

オンライン書店で見る