婉という女・正妻

講談社文芸文庫
エントイウオンナセイサイ
  • 電子あり
婉という女・正妻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

土佐藩執政、父・野中兼山(良継)の失脚後、4歳にして一族とともに幽囚の身となった婉。男子の係累が死に絶えた40年後、赦免が訪れ、自由となったものの、そこで見たのは、再び政争の中で滅びてゆく愛する男の姿であった……。無慙な政治の中を哀しくも勁く生きた女を描き、野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞した名作「婉という女」に、関連作「正妻」「日陰の姉妹」の2篇を付し、完本とする。


哀しくも勁く生きた女たち

土佐藩執政、父・野中兼山(良継)の失脚後、4歳にして一族とともに幽囚の身となった婉。男子の係累が死に絶えた40年後、赦免が訪れ、自由となったものの、そこで見たのは、再び政争の中で滅びてゆく愛する男の姿であった……。無慙な政治の中を哀しくも勁く生きた女を描き、野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞した名作「婉という女」に、関連作「正妻」「日陰の姉妹」の2篇を付し、完本とする。

高橋英夫
野中婉はその聡明さと気性の激しさによって、わが身の「一身二生」を覚った女性だった。そのことを覚って、そこから身を立て、何者かになってゆこうと心に念じた女性だった。大原富枝が野中婉を作品の女主人公に選んだのは、野中婉のそうした人生と思念のかたちに強く惹かれたからであったのは、明らかなことである。(略)志をもった女性によって書かれた、志ある女のすがたと心がここにはある。――<「解説」より>

製品情報

製品名 婉という女・正妻
著者名 著:大原 富枝 解説:高橋 英夫
発売日 2005年04月09日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-198401-1
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「婉という女」「正妻」については小沢書店刊『大原富枝全集』第1巻(’95年2月)、「日陰の姉妹」については角川書店『婉という女』(’64年5月)を底本としました。

オンライン書店で見る