批評の精神

講談社文芸文庫
ヒヒョウノセイシン
批評の精神
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

批評とは何かに答えるものもまた、批評である。批評は……人間を精神というかたちに限定してとらえる
小林秀雄の呪縛を受け苦悩した著者が、小林の存在を客観化させる試みの中で、彼の青春に深くかかわった河上徹太郎・大岡昇平・福田恆存・神西清・林達夫等に注目。さらに折口信夫を加え、その批評精神の構造を解き批評の原点を追究した第一評論集。亀井勝一郎賞受賞。

製品情報

製品名 批評の精神
著者名 著:高橋 英夫 解説:三浦 雅士
発売日 2004年09月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-198382-3
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は昭和45年12月中央公論社刊『批評の精神』を底本として使用。「河上徹太郎」『中央公論』昭和43年11月号「大岡昇平」『中央公論』昭和44年6月号「福田恆存」『中央公論』昭和44年4月号「神西清」『批評』昭和44年夏季号「林達夫」『中央公論』昭和44年1月号「唐木順三」『中央公論』昭和45年10月号「折口学の発想序説」『中央公論』昭和43年2月号