石川啄木歌文集

講談社文芸文庫
イシカワタクボクカブンシユウ
著:石川 啄木 解説:樋口 覚
石川啄木歌文集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明星派の詩人として出発し、三行書きの短歌で歌壇に新風を吹き込み、<大逆事件>との出会いにより現実を凝視、明治という時代を考察して結核と貧窮のうちに夭折した天才詩人石川啄木。非凡な才能で先駆的思想を所有した彼の歌集『一握の砂』『悲しき玩具』などから短歌200首、「性急な思想」「時代閉塞の現状」等エッセイ6篇、「はてしなき議論の後」「飛行機」ほか詩12篇を収録。

製品情報

製品名 石川啄木歌文集
著者名 著:石川 啄木 解説:樋口 覚
発売日 2003年04月10日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-198330-4
判型 A6
ページ数 222ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、以下を底本として使用し、新漢字、新かな遣いに改め(1短歌・3詩のかな遣いは底本のまま)多少ふり仮名を加え、原則として底本に従いました。1短歌 1991年7月 中公文庫刊『日本の詩歌 5』(9版) 2エッセイ 1980年3月 筑摩文庫刊『石川啄木全集 第4巻』 3詩 1978年5月 筑摩文庫刊『石川啄木全集 第1巻』