アブラハムの幕舎

講談社文芸文庫
アブラハムノバクシャ
  • 電子あり
アブラハムの幕舎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

主人公・田沢衿子は20代後半の独身女性。母親の言動に振りまわされ苦痛を感じているが、断ち切ることができない。ある日、彼女の15階だてのアパートで、祖母を殺した少年が投身自殺した。強者に支配される少年と自分とを重ね合せ、彼女は母親から逃れるため行動をおこす。〈イエスの方舟〉を背景にして、弱者の生き方を追究、魂の漂流をいきいきと描いた、著者の代表長篇小説。


主人公田沢衿子は20代後半の独身女性、母親の言動に振りまわされ苦痛を感じているが断ち切ることができない。或る日、彼女の15階だてのアパートで、祖母を殺した少年が投身自殺した。強者に支配される少年と自分とを重ね合わせ、彼女は母親から逃れるため行動をおこす。〈イエスの方舟〉を背景にして弱者の生き方を追究、魂の漂流をいきいきと描いた著者の代表長篇小説。

製品情報

製品名 アブラハムの幕舎
著者名 著:大原 富枝
発売日 2000年03月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-198202-4
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、1995年9月小沢書店刊「大原富枝全集」第四巻を底本とした。

オンライン書店で見る