新書太閤記(十一)

シンショタイコウキ
  • 電子あり
新書太閤記(十一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

山崎、賤ケ嶽の合戦と、破竹の勢いで進んできた秀吉軍が、たとえ一部隊にせよ、長久手で家康軍に完敗したことは、今後の戦局、いや政局に微妙な翳を落さずにはおかない。秀吉には苦汁を、家康には遅まきの美酒を。――家康の不撓不屈の闘志と、秀吉の天才的なヨミが激突する。そして秀吉が一歩先を制した。長らく信長の影に隠れていた秀吉の“力”が、ここに全容をみせる。

製品情報

製品名 新書太閤記(十一)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年08月03日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-196532-4
判型 A6
ページ数 406ページ

オンライン書店で見る