静かな生活

講談社文芸文庫
シズカナセイカツ
  • 電子あり
静かな生活
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

精神の危機を感じて外国滞在を決意した作家の父に、妻が同行する。残された3人の兄弟妹の日常。脳に障害を持った長男のイーヨーは“ある性的事件”に巻き込まれるが、女子大生の妹の機転でピンチを脱出、心の平穏が甦る。家族の絆とはなんだろうか――。〈妹〉の視点で綴られた「家としての日記」の顛末に、静謐なユーモアが漂う。大江文学の深い祈り。


精神の危機を感じて外国滞在を決意した作家の父に、妻が同行する。残された3人の兄弟妹の日常。脳に障害を持った長男のイーヨーは“ある性的事件”に巻き込まれるが、女子大生の妹の機転でピンチを脱出、心の平穏が甦る。家族の絆とはなんだろうか――。〈妹〉の視点で綴られた「家としての日記」の顛末に、静謐なユーモアが漂う。文学の深い祈り。

目次

  • ●静かな生活
  • ●この惑星の棄て子
  • ●案内人(ストーカー)

製品情報

製品名 静かな生活
著者名 著:大江 健三郎 解説:伊丹 十三
発売日 1995年09月04日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-196343-6
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1990年10月講談社刊。

オンライン書店で見る