厄除け詩集

講談社文芸文庫
ヤクヨケシシュウ
  • 電子あり
厄除け詩集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

そこはかとなきおかしみに幽愁を秘めた「なだれ」「つくだ煮の小魚」「歳末閑居」「寒夜母を思ふ」等の初期詩篇。“ハナニアラシノタトヘモアルゾ「サヨナラ」ダケガ人生ダ”の名訳で知られる「勧酒」、「復愁」「静夜思」「田舎春望」等闊達自在、有情に充ちた漢詩訳。深遠な詩魂溢れる「黒い蝶」「蟻地獄(コンコンの唄)」等、魅了してやまぬ井伏鱒二の詩精神。4部構成の初の文庫版『厄除け詩集』。

目次

  • ●厄除け詩集
  • ●訳詩
  • ●雨滴調
  • ●拾遺抄

製品情報

製品名 厄除け詩集
著者名 著:井伏 鱒二
発売日 1994年04月05日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-196267-5
判型 A6
ページ数 174ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 新潮社刊『井伏鱒二自選全集』第八巻(1986年5月)、第九巻(同6月)、第十巻(同7月)第十一巻(同8月)を使用し、「蟻地獄」は筑摩書房刊『厄除け詩集』(1977年7月)収録作品は、同筑摩書房版に従った。

オンライン書店で見る