近江山河抄

講談社文芸文庫
オウミサンガショウ
著:白洲 正子 解説:前 登志夫 解説:森 孝一
近江山河抄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

逢坂、大津、比良山、竹生島、沖の島、鈴鹿、伊吹等の琵琶湖を中心とした日本文化の発生の地、近江。かつて“えたいの知れぬ魅力”にとりつかれた近江の地を、深々と自らの足で訪ね歩き、古代からの息吹を感得する。王朝の盛衰、世阿弥の能の源流、神仏混こうのパターン等々、日本文化の姿、歴史観、自然観の源泉への想いを飛翔させ、鮮やかに現代から古代への山河を巡る紀行エッセイ。

目次

  • ●近江路
  • ●逢坂越
  • ●大津の京
  •  他

製品情報

製品名 近江山河抄
著者名 著:白洲 正子 解説:前 登志夫 解説:森 孝一
発売日 1994年03月04日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-196264-4
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 一九七四年二月駸々堂出版刊『近江山河抄』

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス