つくしちゃんとすぎなさん

ツクシチャントスギナサン
  • 電子あり
つくしちゃんとすぎなさん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学2年生のつくしちゃんは、「魔女」の家のわきをとおらないとおうちに帰れません。そのおうちの垣根のすきまからのぞくと、見たことのない草がはえているお庭と、青い三角形の帽子をかぶったような白いおうちが見えます。
そこに住んでいたのは、すぎなさんというおばあさんでした。すぎなさんが庭で育てているのは、シソ、アロエ、ドクダミ草、サンショウにバジル、月桂樹にトウガラシ……。垣根に〈毒がある草もあります〉なんて注意書きをはるから、魔女だなんて誤解されてしまうのです。
ひとりぐらしで、あまり人とお話することのないすぎなさんは、垣根のすきまからのぞいたモスグリーンのお目目の女の子が、とっても気になるようになりました。すると、なわとびを忘れたことに気づいたつくしちゃんが、すぎなさんのおうちにやってきて……。

小学2年生のつくしちゃんと、おばあさんのすぎなさん。年の離れたふたりが、それぞれの目線で、交互に物語をリレーしていきます。赤ん坊もお年寄りも、外国の人たちも、みーんな手を伸ばせば届くところにいるんです。
すぎなさんのお庭でとれたハーブや植物でつくったお料理が、とてもおいしそう!

目次

  • つくしちゃん、帰り道
  • すぎなさんが、ふふっ
  • つくしちゃんの楽しみなこと
  • すぎなさんと町内会長さん
  • つくしちゃん、あせる
  • すぎなさん、ふきげんになる
  • つくしちゃんの決心
  • すぎなさんとつくしちゃん
  • つくしちゃんとすぎなさん
  • すぎなとつくしのひみつ
  • つくしちゃん、春の気分
  • すぎなさんも、春の気分
  • つくしちゃんのもやもや
  • すぎなさんのすてきな思いつき
  • つくしちゃん、いたいところだらけ
  • すぎなさんの縁側で
  • つくしちゃん、魔法にびっくり
  • すぎなさんのかわいい弟
  • つくしちゃん、ママと仲なおり
  • すぎなさんの一大事
  • つくしちゃんと魔法の葉っぱ
  • すぎなさん、ふたたびふきげんになる
  • つくしちゃん、目がまん丸に
  • るなちゃんと魔女の家
  • すぎなさんの弟がにっこり
  • すぎなさん、帰ってきたけれど
  • つくしちゃんと、かいじゅう風ジラ
  • すぎなさんとお祝いのクッキー
  • つくしちゃんとこわいおじいさん
  • すぎなさん、歩くおけいこ
  • みんなでティーパーティ

製品情報

製品名 つくしちゃんとすぎなさん
著者名 作:まはら 三桃 絵:陣崎 草子
発売日 2015年10月30日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-195763-3
判型 A5
ページ数 138ページ
シリーズ わくわくライブラリー
初出 この作品は、毎日新聞(大阪本社版)2015年2月1日~2月28日付紙面に掲載された連載小説に加筆・修正したものです。

著者紹介

作:まはら 三桃(マハラ ミト)

1966年、福岡県北九州市生まれ。2005年、「オールドモーブな夜だから」で第46回講談社児童文学新人賞佳作に入選し、翌年、『カラフルな闇』と改題して刊行。2011年、『おとうさんの手』(講談社)が読書感想画中央コンクール指定図書に選定される。2012年、『鉄のしぶきがはねる』(講談社)で坪田譲治文学賞を受賞した。他の著書に、『ひなまつりのお手紙』、『風味さんじゅうまる』(ともに講談社)、『伝説のエンドーくん』(小学館)などがある。

絵:陣崎 草子(ジンサキ ソウコ)

1977年、大阪府生まれ。大阪教育大学芸術専攻美術コース卒業。絵本作家、児童文学作家、歌人として活躍している。『草の上で愛を』(講談社)で第50回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。他の著書に、『片目の青』(講談社)、絵本『おむかえワニさん』(文溪堂)、歌集『春戦争』(書肆侃侃房)などがある。

オンライン書店で見る