魔女バジルと魔法のつえ

マジョバジルトマホウノツエ
  • 電子あり
魔女バジルと魔法のつえ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 七魔が山に住むバジルは、見習い魔女。一人前の魔女になるには、大魔女の弟子になって、修行を積まなければいけません。
 けれど、7年に一度の弟子入り試験の日に、バジルは寝坊してしまい、名前を聞いたこともないマジョラムというへんくつな大魔女のもとで修行をすることになりました。
 マジョラムの弟子になる条件は、ほうきに乗って、流れ星をつかまえること。でも、バジルは何年練習しても、なかなかできるようになりません--。
 困難にも決して負けない、がんばりやのバジルの成長を描きます。

目次

  • 1 見習い魔女バジル
  • 2 七魔が原から七魔が山へ
  • 3 空飛ぶ練習
  • 4 魔女さらいの正体
  • 5 しし座流星群の夜に
  • 6 瞬間移動
  • 7 魔法のつえ

製品情報

製品名 魔女バジルと魔法のつえ
著者名 作:茂市 久美子 絵:よしざわ けいこ
発売日 2014年12月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-195757-2
判型 A5
ページ数 130ページ
シリーズ わくわくライブラリー
初出 2010年3月の毎日新聞大阪本社発行版に連載された「七魔が山の魔女」を、加筆・訂正したものです。

著者紹介

作:茂市 久美子(モイチ クミコ)

●茂市久美子
岩手県生まれ。会社勤務を経て執筆活動に入り、『おちばおちばとんでいけ』で、ひろすけ童話賞を受賞。おもな作品に、「つるばら村」シリーズ(全10巻)、東京書籍小3国語教科書に掲載されている『ゆうすげ村の小さな旅館』、『おいなり山のひみつ』、感想画コンクール課題図書になった『おひさまやのおへんじシール』などがある。

絵:よしざわ けいこ(ヨシザワ ケイコ)

●よしざわけいこ
東京生まれ 多摩美術大学染色デザイン科卒業。テキスタイルデザイナーを経て、絵本・イラスト・童話を中心に活動中。日本児童出版美術連盟会員。作品に『ネコのジュピター』、「おひさまや」シリーズ(茂市久美子・作)など。2011年4月より、NHK「いないいないばあっ!」童謡アニメーションのイラストを手がけている。

オンライン書店で見る