徳川家康(23)

トクガワイエヤスショウフウジョウノマキ
  • 電子あり
徳川家康(23)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大久保長安の遺した不思議な連判状は何を意味するのか。やはり大坂は討たねばならないのか。しかし家康の願いは豊臣家存続にある。そのためには戦(いくさ)の回避と大坂開城が必要絶対条件だった。家康と片桐且元(かつもと)の和平交渉が始まる。家康は方広寺の鐘銘事件に名をかりて、淀君、秀頼母子に、大坂城無血明け渡しの謎をかけた。だが……。

目次

  • 巨城の呼び声
  • 深夜の評定
  • 六文銭系図
  • 桐の片桐
  • 紀伊見峠
  • 鐘の前奏
  • 不殺刀
  • 戦国遺品
  • 激流の杭
  • 女使者
  • 柱石砕く
  • 入城軍略
  • 友情三略
  • 老いの決断
  • 流浪の星

製品情報

製品名 徳川家康(23)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1988年04月01日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-195045-0
判型 A6
ページ数 478ページ

オンライン書店で見る