豊臣秀吉(7)

トヨトミヒデヨシ
  • 電子あり
豊臣秀吉(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天下の主導権を握った秀吉は、大坂に古今未曾有の巨城を築いて威を誇った。残るライバルは徳川家康ただ一人。だが尾張の小牧・長久手に出陣したものの、巧みに長期戦に持ちこむ家康に、秀吉は翻弄される。家康懐柔に用いた苦肉の策は、姥桜の妹朝日を彼の妻に押しつけることだった。


天下の主導権を握った秀吉は、大坂に古今未曾有の巨城を築いて威を誇った。残るライバルは徳川家康ただ1人。だが尾張の小牧・長久手に出陣したものの、巧みに長期戦に持ちこむ家康に、秀吉は翻弄される。家康懐柔に用いた苦肉の策は、姥桜の妹朝日を彼の妻に押しつけることだった。

製品情報

製品名 豊臣秀吉(7)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1987年04月01日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-195021-4
判型 A6
ページ数 350ページ

オンライン書店で見る