豊臣秀吉(6)

トヨトミヒデヨシ
  • 電子あり
豊臣秀吉(6)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新しい時代の旗手たらんとする秀吉と織田家第一の猛将柴田勝家の対立がついに火を吹いた。だが旭日と斜陽の力の差は歴然、賎ヶ岳では鬼小姓加藤清正らが”七本槍”の巧名をあげる。三人の幼い姫(のちの淀君ほか)を秀吉の手にたくした勝家は、お市の方(信長の妹)とともに、北国のぐれんの炎のうちに滅んだ。


新しい時代の旗手たらんとする秀吉と織田家第一の猛将柴田勝家の対立がついに火を吹いた。だが旭日と斜陽の力の差は歴然、賎(しず)ヶ岳では鬼小姓加藤清正らが“七本槍”の巧名をあげる。3人の幼い姫(のちの淀君ほか)を秀吉の手にたくした勝家は、お市の方(信長の妹)と共に、北国のぐれんの炎のうちに滅んだ。

製品情報

製品名 豊臣秀吉(6)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1987年03月02日
価格 定価 : 本体736円(税別)
ISBN 978-4-06-195020-7
判型 A6
ページ数 342ページ

オンライン書店で見る