魔法の夜

絵本
マホウノヨル
魔法の夜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家もない1人の老人と、小さな白い犬の出会い。
それは、特別な夜のおとぎ話。
住む家もない老人についてくる子犬。パンを分け合い話をきかせていると、その子犬は魔法使いであることを告げます。老人が願ったことは……。

フランスの歌手、ドミニク・マルシャンが1972年にこの物語を歌にしたとき、彼はわずか20歳でした。“Et si l’on parlait d’un certain Riton……”(「リトンという男の話をするたびに……」)ドミニクの低い歌声は当時多くの人々を魅了し、実際のエピソードにまつわるこのストーリーは、人々の心をとらえました。歌に登場するリトンという人物は、かつて、犬のショピンをつれて南フランスを放浪し、寒い夜にドミニクのもとへ身をよせたことがあったのです。近年、この歌を再び世に出したいという要望が高まり、この絵本によって物語はよみがえりました。それと同時に、1989年に37歳の若さでこの世を去ったドミニクと、リトンへの想いも新たにすることができます。この物語は、なによりも友情を願う、すべての大人や子どもたちに捧げられています。

製品情報

製品名 魔法の夜
著者名 絵:アルブレヒト・リスラ- 原作:ドミニク・マルシャン 訳:木本 栄
発売日 2001年11月21日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-189218-7
判型 AB
ページ数 26ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本