妖星伝(7)

講談社文庫
ヨウセイデン07マドウノマキ
妖星伝(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

SF伝奇超大作ついに完結!田沼意次の時代、鬼道衆の分裂と争いから現われ出た闇の歴史は、いま、無窮無限の世界を駆ける霊船黄金丸によって宇宙の進化へと語り継がれる。互いの生命を啖い合う妖星=地球から虚空の巡礼に旅立った霊船を待ち受けるものは何か。終章で明かされる進化の涯に至る形態とは?

製品情報

製品名 妖星伝(7)
著者名 著:半村 良
発売日 1995年03月07日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-185908-1
判型 A6
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1993年6月小社刊行