春日局

講談社文庫
カスガノツボネ
  • 電子あり
春日局
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

勇武の血統、叛将・明智光秀の家老の娘・お福は、秀吉の天下で悲惨な青春を強いられ、家康の世にいたって運が開ける。苦汁の半生がつちかった力で、三代将軍の乳人として権力の奥に暗躍するが、お福を密かに支えた徳川政権を確立させた、恐るべき影の人物とは? 戦国の残影の中から新しい時代を導き出すため、男の野望を納得し同調した、稀有の政治的女性を描く、傑作長編時代小説。

製品情報

製品名 春日局
著者名 著:早乙女 貢 解説:清原 康正
発売日 1994年05月02日
価格 定価 : 本体602円(税別)
ISBN 978-4-06-185672-1
判型 A6
ページ数 428ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’88年6月小社より刊行

オンライン書店で見る