ひとりを愛し続ける本

講談社文庫
ヒトリヲアイシツヅケルホン
  • 電子あり
ひとりを愛し続ける本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

情熱的な愛に生き続けたいと人は願うが、それは、激しくとも短く終わるもの。本当の自分、真実の生き方を求めて心の中を掘り下げ、明暗の異なるもう1人の自分に気がつくとき、人生はより深く、より拡がりを持つ。――退屈と忍耐、悲しみや苦しみの中に、人生を楽しみ愛する方法を、明快に語るエッセイ集。

目次

  • 本当にこの人の妻になるべきか
  • 悪い方、よくない方へ考えていく危ない時
  • 幸せの座、幸せになれない座
  • 愛することと愛し続けることの違い
  • 自分の中の「女」をひき出してくれる男
  • 男が離れられなくなる女の毒
  • 男は淑女なんか求めてはいない
  • 気づいたときはもう遅い「結婚」
  • 聡明なだけの女はすぐあきられる
  • 夫は他人であるという認識
  • 自分の愛の無力を知るとき
  • 母性とおんな性は使い分けた方がよい
  • 夫のいやがる部分のさわり方
  • 男のプライドと女の意地
  • 「母」になった女と「女」でいる女の愛
  • 男の中にある女が入れない場所
  • 女房に見せない顔
  • 「この人のためなら何んでもできる」
  • 年譜

製品情報

製品名 ひとりを愛し続ける本
著者名 著:遠藤 周作
発売日 1992年04月03日
価格 定価 : 本体460円(税別)
ISBN 978-4-06-185116-0
判型 A6
ページ数 214ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る