千姫微笑

講談社文庫
センヒメビショウ
著:安西 篤子 解説:磯貝 勝太郎 装丁:菊地 信義 装画:朝倉 摂
  • 電子あり
千姫微笑
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東西の楔(くさび)として、豊臣秀頼に入輿した徳川家康の孫娘・千姫。乳歯のはえかわりを気にする花嫁は、時にわずか6歳。人質同然の生い立ち、愛されぬ妻の哀しみ。身籠ることすら拒否された嫁の境涯に、またしても大坂落城の悲劇が――。男たちの戦国の論理に心で抗した千姫の波乱の生涯と、その周辺の女人像を鮮烈にして艶麗に描く、傑作長編時代小説。


男たちの戦国の論理に心で抗した千姫の波乱の生涯と、その周辺の女人像を鮮烈にして艶麗に描く、傑作長編時代小説。

製品情報

製品名 千姫微笑
著者名 著:安西 篤子 解説:磯貝 勝太郎 装丁:菊地 信義 装画:朝倉 摂
発売日 1983年07月08日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-183066-0
判型 A6
ページ数 510ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る