来鳴く木菟 日知り月 薬屋探偵怪奇譚

講談社ノベルス
キナクミミズクヒシリツキクスリヤタンテイカイキタン
来鳴く木菟 日知り月 薬屋探偵怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中年男性が密室で不審死。そこには「深山木薬店」の名刺が!?店長の秋を疑い店に乗り込む一人の男。彼は店に裏の顔があると怪しむ要注意人物でもあった。真の稼業が公になれば、妖怪は人間世界で生きていけない。店を守るため、秋の殺人容疑を晴らすため、真相究明を急ぐ座木とリベザル。だが現場で奇妙な言葉を呟く幼女、妖世界で囁かれる悪い噂、連続する事件に翻弄され……。


容疑者は秋!?
薬屋探偵どころか
妖(あやかし)世界の危機だ!!

不可解な連続殺人! 大人気“キャラ”ミステリー最新刊!!

中年男性が密室で不審死。そこには「深山木薬店」の名刺が!?
店長の秋を疑い店に乗り込む一人の男。
彼は店に裏の顔があると怪しむ要注意人物でもあった。
真の稼業が公になれば、妖怪は人間世界で生きていけない。
店を守るため、秋の殺人容疑を晴らすため、真相究明を急ぐ座木とリベザル。
ところが現場で奇妙な言葉を呟く幼女、妖世界で囁かれる悪い噂、連続する事件に翻弄され……。

目次

  • 第一章   過去からの使者
  • 第二章   本当の嘘 嘘の嘘
  • 第三ノ壱章 カゲロイ
  • 第三ノ弐章 カケロ
  • 第三ノ参章 カゲボウシ
  • 第四章    鳥の子の後ろ足
  • 第五章  順(まつろ)わぬ者
  • エピローグ
  •  あとがき

製品情報

製品名 来鳴く木菟 日知り月 薬屋探偵怪奇譚
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2012年11月08日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-182852-0
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:高里 椎奈(タカサト シイナ)

1976年12月27日生まれ。芝浦工業大学工学部卒業。1999年に『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。以来、「薬屋探偵妖綺談」「薬屋探偵怪奇譚」「ドルチェ・ヴィスタ」「フェンネル大陸 偽王伝」「フェンネル大陸 真勇伝」「天青国方神伝」など、人気シリーズを次々と発表。女性を中心に多くのファンの支持を集めている。

関連シリーズ