びっくり館の殺人

講談社ノベルス
ビックリカンノサツジン
びっくり館の殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「館」シリーズ第8弾、待望のノベルス化!
10年前のクリスマスの夜――その屋敷のその密室で、ぼくたちは何を見たのか?

少年の日の思い出のなかに建つ館、それは「お屋敷町のびっくり館」。……不思議な男の子トシオとの出会い。囁かれる数々の、あやしいうわさ。風変わりな人形リリカと悪魔の子。7色のびっくり箱の秘密。そして……クリスマスの夜の密室殺人! 鬼才・綾辻行人が紡ぎ出す、終わりなき悪夢の謎物語。特別対談「びっくり館のたくらみ」(vs.道尾秀介)を巻末袋とじで収録。

製品情報

製品名 びっくり館の殺人
著者名 著:綾辻 行人
発売日 2008年11月08日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-182623-6
判型 新書
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 2006年3月『ミステリーランド』のために書き下ろされたもの。