『アリス・ミラー城』殺人事件

講談社ノベルス
アリスミラージョウサツジンジケンシロ
『アリス・ミラー城』殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『そして探偵は誰もいなくなった』
密室、人間消失、不可能犯罪のすべて!

ルイス・キャロルの作品にちなんだ不可解な城に探偵たちが集められた。ある者は密室状況下、巨大な鏡の上で顔を溶かされた死体となり、ある者は合わせ鏡の部屋で殺され、犯人は目撃者の眼前で消失する。館内のチェス盤からは殺人の度に駒が一つずつなくなって……。不可能犯罪に込められた驚くべき思念とは!

製品情報

製品名 『アリス・ミラー城』殺人事件
著者名 著:北山 猛邦
発売日 2003年05月10日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-182309-9
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社ノベルス